コロナ ウイルス 最新 ニュース。 高知県 新型コロナ関連情報

高知県 新型コロナ関連情報

コロナ ウイルス 最新 ニュース

【遊技施設】 マージャン店・パチンコ店・ゲームセンター・テーマパーク・遊園地 【遊興施設など】 キャバレー・ナイトクラブ・ライブハウス・カラオケ・バー・スナック・パブ・ネットカフェ・漫画喫茶・場外馬券・車券・舟券場・ダーツバーなど これらの施設での飲食・酒類の提供は、6月18日までは「朝5時から翌日の午前0時まで」とし、6月19からは制限は設けないとしています。 そのうえで、「首都圏は一体と言うことで目安をクリアした埼玉や千葉では解除を楽しみにしていた方も多かったと思うので、申し訳ないという気持ちだ」と述べました。 しかし、「東京アラート」が出されても、6月1日から移行した「ステップ2」はただちに変わることはありません。 専門家の間にはクラスターは切り離して考えるべきだという意見もあり、なんとか解除されてほしい」と述べ、5月25日の解除も念頭に5月22日の県の対策本部会議で休業要請の緩和などの対応を検討する考えを示しました。 アイロムグループのIDファーマはセンダイウイルスベクターを使ったワクチンを開発中で、9月にも臨床試験を開始する考えです。 ギリアドは2本のP3試験を行っており、4月末に公表された重症患者対象の試験の主要結果(対象患者約6000人のうち397人分の解析結果)では、5日間の投与で10日間投与と同等の効果が得られる可能性が示されました。 COVID-19を引き起こす新型コロナウイルスもインフルエンザウイルスと同じRNAウイルスであることから、効果を示す可能性があると期待されています。

次の

各都道府県の「休業要請」 新型コロナ|NHK

コロナ ウイルス 最新 ニュース

一部の施設を対象に再開を決めた15の県のうち、7つの県は7日から、徳島県は9日から、残る7つの県は11日の月曜日以降です。 具体的には1週間の平均でいずれも1日当たり、新たな感染の確認が50人以上、感染経路がわからない人の割合が50%以上になり、感染した人の週単位の増加比率が2倍以上になることです。 - 高知県• - 厚生労働省 高知労働局• また記者団が「緊急事態宣言が25日に解除された場合、31日までとなっている都の休業要請などの措置を宣言の解除にあわせて前倒して解除する考えはあるか」と質問したのに対し、小池知事は「解除されるかどうかは仮の話なので、しっかりと確認したのちに示したい」と述べました。 いずれの施設も60日間連続で感染経路になっていないことも条件です。 第2波がいつくるかわからずコロナとの共生も考えないといけない。

次の

高知県 新型コロナ関連情報

コロナ ウイルス 最新 ニュース

米アサシスとヘリオスは体性幹細胞によるCOVID-19由来ARDS治療の臨床試験を日米で行っています。 4月24日~ 高知県、大分県• 感染防止策を徹底したうえで、すべての業種で午後10時まで営業ができるようになり、小規模なイベントの開催も可能になります。 東京都 「休業要請」の緩和 宣言解除後どう進める 2020年5月22日 東京都の小池知事は、5月22日の記者会見で、緊急事態宣言が解除されたあと、休業などの要請を段階的に緩和していくための「ロードマップ」を示しました。 4月20日~ 山梨県、三重県、北海道• 全国まとめ 都道府県のイベントへの対応 5月16日 NHKが各地の放送局を通じて、国の緊急事態宣言が解除された39の県の対応をまとめたところ、5月15日午後6時半の時点で、感染防止対策を求めたうえで、イベントの開催を容認したり、容認を決めたりしたのは4県、一部のイベントの開催を容認したり、容認を決めたりしたのは30の県で、自粛要請を継続しているのは1つの県です。 4月14日~ 千葉県、大阪府、福岡県• 「東京アラート」が出たことを知らせるために、6月2日夜、東京都では臨海部にかかるレインボーブリッジを赤く点灯させて警戒を呼びかけました。 新型インフルエンザが発生した場合にしか使用できないため、市場には流通していませんが、新型インフルエンザに備えて国が備蓄しています。 メルクは非営利国際組織「国際エイズワクチン推進機構」(IAVI)とも協業し、IAVIが開発中のCOVID-19ワクチンの実用化を共同で進めます。

次の

高知県 新型コロナ関連情報

コロナ ウイルス 最新 ニュース

これは県の対策本部会議で正式に決定され、森田知事が発表しました。 - Kochi Prefecture Government 支援情報や各相談窓口• 新規薬剤の開発 既存薬を転用するアプローチで治療薬の開発が進む一方で、新規の薬剤を開発しようとする動きも広がっています。 ステップ2 次の段階で新たに緩和の対象となるのは、観客席を含めた「屋内外の運動施設」のほか、自動車教習所、学習塾、劇場、観覧場、映画館、演芸場、集会場、公会堂、展示場、商業施設で、生活必需物資の小売関係など以外の店舗、生活必需サービス以外のサービス業を営む店舗です。 東京都 6月12日から「ステップ3」 6月19日には全面解除へ 2020年6月11日 東京都は6月11日午後9時前、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、感染拡大に警戒を呼びかける「東京アラート」を解除した上で、6月12日午前0時に、休業要請などの緩和の段階を「ステップ3」に進めることを決めました。 埼玉県の対応 埼玉県は、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、緊急事態宣言が解除された場合の外出自粛や休業要請の措置の緩和について、県内だけでなく東京都内の新たな感染者数なども目安として判断するなど具体的な基準を示しました。

次の

【まとめ読み】コロナウイルスのニュース 4月26日 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス 最新 ニュース

。 (2020年5月7日時点) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請についてNHKが各地の放送局を通じて各都道府県の対応をまとめました。 東京都が6月11日に公表した指標は、3つの指標すべてで「東京アラート」を解除する場合の目安の数値を下回りました。 変更の理由について千葉県は、国の方針や県内外の感染者数の状況を踏まえたと説明しています。 重症患者に対する治療薬 COVID-19が重症化すると、サイトカインストームと呼ばれる過剰な免疫反応に重篤な臓器障害を起こしたり、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)という重度の呼吸不全を起こしたりすることが知られています。 その他 エーザイは、かつて重症敗血症を対象に開発していたものの、P3試験で主要評価項目を達成できずに開発を中止したTLR4拮抗薬エリトランの国際共同治験を6月に開始する予定。 こちらのワクチンも今年後半に臨床試験に入る予定です。

次の

各都道府県の「休業要請」 新型コロナ|NHK

コロナ ウイルス 最新 ニュース

- 高知県 受付期間:令和2年4月30日(木)から6月30日(火)まで(予定) オンライン診療に対応している医療機関• いずれも十分な感染防止策を図ることが条件です。 リリーは中国・上海のジュンシー・バイオサイエンシズとも抗体医薬の開発で提携しており、こちらも6月8日からP1試験が始まりました(開発コードは「JS016」)。 4月17日~ 愛知県• 神奈川県の対応 神奈川県の黒岩知事は「大変残念なことだと思っている。 タカラバイオが製造面で協力し、化学大手のダイセルが有効性を高めるための新規投与デバイス技術を提供。 (25日追記) 東京都は、社会経済活動を早期に取り戻すため次のステップに進むまでの期間を短縮したい考えで、感染拡大が抑えられていることを前提に、早ければ今週末、生活必需品以外の小売店などが緩和の対象となる「ステップ2」に入ることも検討しています。 【飲食店など】 居酒屋を含む飲食店や料理店、喫茶店などは、飲食・酒類の提供について朝5時から夜10時までで、「ステップ1」と変わりません。

次の

高知県 新型コロナ関連情報

コロナ ウイルス 最新 ニュース

4月22日~ 広島県、佐賀県、熊本県、新潟県• 今までのような事態に逆戻りすることを避けるため、新しい生活様式を実施するとともに引き続き県をまたぐ移動は控えてほしい」と強調しました。 同7日に開かれた厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会が特例承認を了承し、厚労省は即日承認しました。 主要ニュース• 両社のワクチンは、サノフィの組み換えDNA技術に基づくSタンパク質抗原とGSKのアジュバントを組み合わせたもの。 このうち小学6年生、中学3年生、それに高校3年生については、5月25日から一部の授業を再開させます。 このうち「クラスター」が発生するおそれがあるとされているスポーツジムについては「ステップ2」とし、感染拡大がおさえられていることを前提に、緩和について今週末にも判断するとしています。

次の

【まとめ読み】コロナウイルスのニュース 4月26日 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス 最新 ニュース

日医工、第一三共、東京大、理化学研究所の4者は共同で、ナファモスタットの吸入製剤の開発に乗り出しました。 (2020年5月11日時点) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請について、NHKが各地の放送局を通じて各都道府県の対応をまとめたところ、11日午後7時までに、感染防止対策を求めたうえで、休業要請を解除したのは7つの県、休業要請を緩和したのは21の県、休業要請を継続しているのは17の都道府県です。 ただこのところ感染者が少し増えていて、院内感染のクラスターの増加が要因だが、10万人当たり0. 東京都 宣言解除後の営業再開へ 事業者向けにコロナ対策指針 東京都は緊急事態宣言が解除された後、休業していた施設が営業を再開するにあたり、感染拡大を防ぐための対策をまとめた事業者向けのガイドラインを作成しました。 このほかに126のワクチンが前臨床の段階にあります。 米国でも4月からP2試験が進行中です。 一方、カモスタットの先発医薬品「フオイパン」を製造販売する小野薬品は、6月5日からCOVID-19を対象とした臨床試験を開始しました。

次の