れ いわ ベスト テン。 黒柳徹子×近藤真彦『ザ・ベストテン』秘話次々と マッチ“本当の”初登場シーン公開も:山陽新聞デジタル|さんデジ

ベストテンほっかいどう

れ いわ ベスト テン

(監督)• ハドソン川の奇跡(クリント・イーストウッド監督)• 日本映画監督賞 (『』)• 日本映画監督賞 (『』)• 読者選出外国映画監督賞 (『』) 読者選出外国映画ベスト・テン• 脚本賞 、(『』)• スラップ・ショット(ジョージ・ロイ・ヒル監督)• (スティーブン・スピルバーグ監督) 第48回(1974年度) [ ]• コンプライアンスが厳しく、さらに3密回避の現在ではあり得ないシーンが続出。 ザッツ・エンタテインメント(ジャック・ヘイリー・Jr監督)• 20日の再放送初回は、当時の番組新記録20ランクアップを果たして初登場した新人・近藤真彦がデビュー曲「スニーカーぶる〜す」(1980年12月12日発売)を熱唱した1980年12月25日放送回がよみがえる。 ランキングの決定要素も改められ、「レコード」「有線」「ハガキリクエスト」「電話リクエスト」の4つのランキングデータは変わらないものの、電話リクエストについては1位300点、2位290点~の10点刻み、有線・ハガキリクエストについては1位100点~10位10点の10点刻みとなった。 9 no. 日本映画監督賞 (『』)• 52-56• 以前は曲毎に獲得ポイントを発表していた(集計方法は後述)が、現在は子細な集計方法を公表していない。 TBSを除く在京キー局では、1975年10月より・両タイムのスポット枠を5分から6分に拡大したが、TBSは引き続き5分を継続、そして7年後の1982年10月にスポットタイムを6分に拡大した。 おみおくりの作法(ウベルト・パゾリーニ監督)• 日本映画監督賞 (『』)• 助演男優賞 (『復讐するは我にあり』)• (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• 版の・最終巻に収録された未放送回として 『・!』がある• 1999年10月-2000年3月(「MOVE ON」に内包)• 助演男優賞 (『』)• この項目は、に関連した です。

次の

伝説の歌番組『ザ・ベストテン』、CS TBSで再放送決定

れ いわ ベスト テン

以降毎月2回(5日・20日)発行の体裁で現在に至る。 2009年4月~9月:引き続き、日曜21:00~22:00の放送。 変更時期不明• 八神純子さんの美声にも驚かされました。 なお、CD発売(またはネット配信による発売)前の曲は、ランキング入りの対象とならない(発売予定がなく、オンエアのみの曲はこの限りでは無い)。 (サム・ペキンパー監督)• ガンジー(リチャード・アッテンボロー監督)• 外国映画監督賞 (『』)• ザ・ベストテン 記念すべき初回放送! ランキンング• (監督)• 助演女優賞 (『幸福の黄色いハンカチ』)• 主演男優賞 (『』)• 読者選出外国映画監督賞 (『』) 外国映画ベスト・テン• 主演男優賞 (『おくりびと』)• ランクインした歌手は、「光のトンネル」と呼ばれる電飾された八角形のゲートをくぐって登場していた。

次の

ザ・ベストテン 1978年 ランクイン全曲紹介

れ いわ ベスト テン

(ピーター・イエーツ監督)• 助演女優賞 (『』)• 16:50~ 道路情報(提供・、BGMに当時の清酒多聞のCMソングのインストゥルメンタルが流れていた)・・天気予報・フェリー情報• プライベート・ライアン(スティーブン・スピルバーグ監督)• まとめ この年は、80年代アイドルブームがスタートした年でした。 (監督) 第71回(1997年度) [ ]• 主演男優賞 (『』『』『』)• スタッフは手応えを感じた。 (監督)• テス(ロマン・ポランスキー監督)• , pp. この第一回目の放送に田村正和さんがお祝いに来ました。 2013年10月-2014年3月:日曜13:00-17:00に時間枠を拡大。 「サヨナラ模様」は歌詞で「ねえ、ねえ」を繰り返すのが印象的で、自分もギターで弾き語りしていました。 木靴の樹(エルマンノ・オルミ監督)• (ジョン・フランケンハイマー監督)• (監督)• (デヴィッド・フィンチャー監督)• 低迷期もあるものの、月~金曜の帯番組時代に高を獲得 し、特に頃までは道内ラジオ全局・全世代の中で聴取率1位を頻繁に獲得していた。 新人女優賞 (『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『』『』)• 2011年7月16日. 脚本賞 (『家族ゲーム』)• (監督)• 脚本賞 (『それから』)• 165-166• 日本映画監督賞 (『』)• 2019年・2020年現在(野球シーズン中):日曜17:00-18:45の放送(基本枠。

次の

ザ・ベストテン 第一回放送 ランクイン曲紹介

れ いわ ベスト テン

外国映画監督賞 (『』)• (ジョン・バダム監督)• ラジオ・デイズ(ウディ・アレン監督)• 「HBCサンデーファイターズ」が延長するとその分短縮となる)。 ミツバチのささやき(ビクトル・エリセ監督)• ブラック・スワン(ダーレン・アロノフスキー監督)• 読者選出外国映画監督賞 (『』) 読者選出外国映画ベスト・テン• セブン(デヴィッド・フィンチャー監督)• 麦の穂をゆらす風(ケン・ローチ監督) 第81回(2007年度) [ ]• 『ザテレビジョン』vol. ナチュラル(バリー・レビンソン監督)• 新人男優賞 (『』)• (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• 新人女優賞 (『』)• その一方で近年、若者の間では昭和歌謡がブーム。 なお、松下電器産業がパナソニックに社名変更したのはである。 、『キネマ旬報』を発行している、(株)ケージェイは約7億4000万円の負債をかかえ、会社清算を開始した。 新人男優賞 (『』『』)• (監督)• 日本映画監督賞 (『』『』)• (監督) 第51回(1977年度) [ ]• 読者選出日本映画監督賞 (『仁義なき戦い』)• 主演女優賞 (『』)• 助演女優賞 田中麗奈(『』)• この年から私の大好きな河合奈保子さんが定期的にランクインするようになりましたが、「スマイル・フォー・ミー」の次に発売されたシングル「ムーンライト・キッス」の時に、NHKホールでのリハーサル中、舞台から転落し腰椎圧迫骨折のためしばらく入院し、とても心配でした。 外国映画監督賞 (『』)• (ラッセ・ハルストレム監督)• しかし3月に「再建」し、10月に復刊。 1988年秋-1989年8月• (監督) 第50回(1976年度) [ ]• (フランク・ダラボン監督)• 松橋勝巳• , pp. 例年2月下旬号(2月5日発売)は、キネマ旬報ベスト・テン発表の特別号となっている。

次の

ザ・ベストテンとは (ザベストテンとは) [単語記事]

れ いわ ベスト テン

今でも捨てずに持っています。 (マイケル・マン監督)• 新人男優賞 (『』)• 脚注 []• (「ベストテンほっかいどう」のみ出演。 中野智樹・MAYU 年間ランキング第1位獲得曲 [ ] []• 13-16• 外国映画監督賞 (『』)• 助演女優賞 (『ツィゴイネルワイゼン』)• 2013年、スタッフとして番組を支えてきた山田修爾が8月28日に、弟子丸千一郎が10月27日に相次いで他界した。 このランキングは、当初は高嶋が早口で読み上げていた。 1982年4月~1994年3月)が、ナイターオフ期の毎年10月~3月には「 ジャンボとケロコのHBCベスト100 マラソンランキング」(1973年~1983年・月~金曜18:45~20:00)が放送され、前述の洋楽チャート番組も含めHBCラジオでは毎日、午後に何らかの音楽ランキング番組を放送していた。 寺尾聡さんの曲はアレンジがとてもカッコよく、響き渡る低音ボイスに魅了されました。 加藤雅章• マルホランド・ドライブ(デヴィッド・リンチ監督)• オール・ザット・ジャズ(ボブ・フォッシー監督)• 「ハロードライバー」担当アナウンサーが兼務• ミリオンダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド監督)• 息もできない(ヤン・イクチュン監督)• JFK(オリバー・ストーン監督)• セデック・バレ 第一部 太陽旗/第二部 虹の橋(ウェイ・ダーション監督) 第88回(2014年度) [ ]• 1998年4月-1999年3月• 47「音楽」• 読者選出外国映画監督賞 (『』) 読者選出外国映画ベスト・テン• 読者選出外国映画監督賞 スティーブン・スピルバーグ(『E. アンタッチャブル(ブライアン・デ・パルマ監督)• , p. ボウリング・フォー・コロンバイン(マイケル・ムーア監督)• 日本映画監督賞 (『』)• 助演女優賞 (『』『』)• 15時17分、パリ行き(クリント・イーストウッド監督)• その直後の午後8時から放送される特別対談では、『ザ・ベストテン』司会の黒柳と、12月でデビュー40周年を迎える近藤が今だから話せる驚きの舞台裏トークを次々に展開。

次の

ザ・ベストテン

れ いわ ベスト テン

新人女優賞 (『阿弥陀堂だより』『』『』)• 8 no. 主演女優賞 (『』)• 新人男優賞 (『』、『』、『』ほか)• 外国映画監督賞 (『』)• ダイ・ハード(ジョン・マクティアナン監督)• 今回は、2人で連れだって出かけた海外旅行での信じられないエピソードも披露。 外国映画監督賞 (『』)、(『』)•。 日本映画監督賞 (『』)• からは2月下旬号にキネ旬ベスト・テン、3月下旬号(3月5日発売)に映画業界の総決算の2分冊となった。 金:藪淳一・加藤雅章• リトル・ダンサー(スティーブン・ダルドリー監督)• スポーツニッポン新聞社 スポーツニッポン. 月-木:山崎英樹• (監督)• 記念すべき初回の放送は、当時番組新記録の20ランクアップを果たして初登場した近藤真彦が「スニーカーぶるーす」を熱唱した1980年12月25日放送回をCS初放送! 松田聖子の「風は秋色」、五輪真弓の「恋人よ」など、大ヒット曲満載の超豪華版です。 読者選出日本映画監督賞 (『駅 STATION』)• (クリストファー・ノーラン監督)• バグダッド・カフェ(パーシー・アドロン監督)• STVラジオも1989年以降『』など自社制作の夜ワイドを数多くぶつけて対抗するものの、1~2年程度で番組を入れ替える時期が長く続き、1994年の『』開始まで試行錯誤を繰り返すことになる。

次の

ザ・ベストテン 1978年 ランクイン全曲紹介

れ いわ ベスト テン

(監督)• 16「音楽」• 外国映画監督賞 (『』『』)• タクシードライバー(マーチン・スコセッシ監督)• 読者選出日本映画監督賞 (『』)• 1985年初頭より体調不良のため降板、1992年3月死去)• 脚本賞 (『』)• (監督)• 主演男優賞 (『たそがれ清兵衛』)• (クロード・ルルーシュ監督)• (監督)• (監督)• , pp. その後、番組表上は「ハロードライバー」枠に含まれるものの、事実上独立した番組となり、16:00~17:15に放送していた。 新人男優賞 (『』)• (監督)• 主演男優賞 (『』)• 10「音楽」• 結局社長賞は番組10周年の際に「10年間お疲れ様」の名目で出されたのみであったとのこと。 1」であるが、当の桑名は道路渋滞に巻き込まれ、スタジオ入りしたのは本番終了数分前になってからであるため、この回では結局歌うことができなかった。 TBSのに伴う代打(1987年4月23日放送)。 助演男優賞 (『』)• 新人男優賞 (『』『』)• (フェルナンド・メイレレス監督)• 文化映画ベスト・ワン 『』 読者選出外国映画ベスト・テン• 文化映画ベスト・ワン 『』 読者選出外国映画ベスト・テン• 脚本賞 (『』)• (インターネット・アーカイブのキャッシュ) 外部リンク [ ]• 主演男優賞 (『』)• 戦場のピアニスト(ロマン・ポランスキー監督)• 青木眞弥 キネマ旬報ベスト・テン [ ] キネマ旬報ベスト・テン 受賞対象 作品、監督、脚本、俳優 開催日 毎年2月 会場 国 授与者 キネマ旬報 初回 度 最新回 度 最新受賞者 日本映画 『』 外国映画 『』 公式サイト キネマ旬報ベスト・テンは世界最古クラスの映画賞で、に外国映画のみを対象として「芸術的に最も優れた映画」「娯楽的に最も優れた映画」の2部門を編集の投票により選出したことから始まり、の水準が高くなったことを理由にから日本映画も対象となった。

次の

『KING OF PRISM ALL STARS

れ いわ ベスト テン

助演男優賞 (『』『』『』)• 1999年4月-1999年9月• 読者選出外国映画監督賞 (『』) 読者選出外国映画ベスト・テン• 助演女優賞 (『東京夜曲』)• 脚本賞 (『それでもボクはやってない』)• 1989年8月-1991年• 結婚しない女(ポール・マザースキー監督)• シャイン(スコット・ヒックス監督)• オールド・ボーイ(パク・チャヌク監督)• 新人女優賞 (『』)• 主演女優賞 宮沢りえ(『』)• 8 no. クィーン(スティーブン・フリアーズ監督)• 読者選出日本映画監督賞 周防正行(『シコふんじゃった。 読者選出外国映画監督賞 ジョン・G・アヴィルドセン(『ロッキー』) 読者選出外国映画ベスト・テン• 1983年10月6日 - 12月1日までの間は福島県では未放送。 この年は、新しいアイドルがたくさんデビューした年でした。 関口裕子• 読者選出日本映画監督賞 (『海街diary』)• 札幌地区ラジオ合同聴取率調査。 外国映画監督賞 (『』)• モンタナの風に抱かれて(ロバート・レッドフォード監督) 第73回(1999年度) [ ]• 不定期で 『ザ・ヤマテン』があった• 主演男優賞 (『』)• グエムル-漢江の怪物-(ポン・ジュノ監督)• (監督)• 新人女優賞 (『』)• 助演男優賞 (『』)• 主演男優賞 (『』『』『』)• 映画のサントラも購入し、田原俊彦さんの歌う「ザ・青春セイリング」という曲がカッコよくて好きでした。 カラーパープル(スティーブン・スピルバーグ監督)• 主演男優賞 (『』)• ダンス・ウィズ・ウルブズ(ケビン・コスナー監督)• 青春デンデケデケデケ(大林宣彦監督)• シン・レッド・ライン(テレンス・マリック監督)• (ハル・アシュビー監督) 第53回(1979年度) [ ]• 出場歌手には、曲名入りの黄金のマイクをプレゼントしていた。

次の