宅 建 平成 30 年 解説。 【宅建】過去問解説「統計問題」の2018年(平成30年度)の傾向

【宅建過去問】(平成30年問05)事務管理

宅 建 平成 30 年 解説

今年度の合格率は 15. AB間の賃貸借契約が借地借家法第38条の定期建物賃貸借で、契約の更新がない旨を定めた場合には、当該契約の期間中、Bから中途解約を申し入れることはできない。 宅建業法に正確な知識を要する個数問題が増えてきました。 Contents• AB間の賃貸借契約が借地借家法第38条の定期建物賃貸借でない場合、A及びBのいずれからも期間内に更新しない旨の通知又は条件変更しなければ更新しない旨の通知がなかったときは、当該賃貸借契約が更新され、その契約は期間の定めがないものとなる。 関連記事: 宅建の学習経験を活かして不動産系資格に挑戦! 宅建の学習経験を活かして法律系資格に挑戦!. ・宅地建物取引士により記名押印された重要事項説明書及び添付書類を、重要事項の説明を受けようとする者に あらかじめ送付していること。 準都市計画区域については、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、都市計画に市街化区域と市街化調整区域との区分を定めなければならない。

次の

平成30年(2018)の宅建試験の法改正を解説!

宅 建 平成 30 年 解説

2:収益還元法は、自用の不動産でも賃貸を想定することにより適用されます。 宅建業者は、自ら売主として新築住宅を販売する場合及び新築住宅の売買の媒介をする場合において、住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結を行う義務を負う。 土地区画整理事業とは、公共施設の整備改善及び宅地の利用の増進を図るため、土地区画整理法で定めるところに従って行われる、都市計画区域内及び都市計画区域外の土地の区画形質の変更に関する事業をいう。 2: 登録の移転は任意 です。 土壌汚染対策法によれば、形質変更時要届出区域が指定された際、当該区域内で既に土地の形質の変更に着手している者は、その指定の日から起算して14日以内に、都道府県知事にその旨を届け出なければならない。 【問24】不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

次の

【宅建過去問】(平成30年問05)事務管理

宅 建 平成 30 年 解説

急傾斜地崩壊危険区域内において、土石の集積を行おうとする者は、原則として都道府県知事の許可を受けなければなりません(急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律7条1項)。 容積率規制を適用するに当たっては、前面道路の境界線又はその反対側の境界線からそれぞれ後退して壁面線の指定がある場合において、特定行政庁が一定の基準に適合すると認めて許可した建築物については、当該前面道路の境界線又はその反対側の境界線は、それぞれ当該壁面線にあるものとみなす。 定期建物賃貸借契約の契約期間が終了した直後にAが依頼を受けてBC間の定期建物賃貸借契約の再契約を成立させた場合、Aが受け取る報酬については、宅建業法の規定が適用される。 4:本肢は「特定価格」に関する記述であり、限定価格とは市場が限定されている場合の価格をいいます。 3:相手方の承諾なしで行った調査費用を請求することはできません。 その後、B及びDは、それぞれA及びCの媒介により、甲住宅の売買契約(以下この問において「本件契約」という。

次の

【宅建過去問】(平成30年問05)事務管理

宅 建 平成 30 年 解説

市販過去問集並みの12年分の提供に達しました。 甲土地につき売買代金の支払と登記の移転がなされた後、第三者の詐欺を理由に売買契約が取り消された場合、原状回復のため、BはAに登記を移転する義務を、AはBに代金を返還する義務を負い、各義務は同時履行の関係となる。 12月5日試験統計に平成30年のデータを追加しました。 Bが売買代金を着服する意図で本件契約を締結し、Cが本件契約の締結時点でこのことを知っていた場合であっても、本件契約の効果はAに帰属する。 事後届出に係る土地の利用目的について、甲県知事から勧告を受けた宅建業者Aがその勧告に従わないときは、甲県知事は、その旨及びその勧告の内容を公表することができる。

次の

解説付き年度別試験問題集

宅 建 平成 30 年 解説

6%(前年度 15. 4:相殺適状にないため相殺不可。 イ:当事者の氏名(法人は名称)および住所は、 全契約の必要的記載事項 です。 4:建設業は宅建業に該当しません。 賃借物件を賃借人がどのように使用しても、賃借物件に発生する損耗による減価の回収は、賃貸人が全て賃料に含ませてその支払を受けることにより行っている。 現時点で1,144人です。

次の

平成30年度(2018年度) 宅建士試験 合格点は37点、合格率は15.6%!

宅 建 平成 30 年 解説

都市計画区域の変更等によって法第3章の規定が適用されるに至った際現に建築物が立ち並んでいる幅員2mの道で、特定行政庁の指定したものは、同章の規定における道路とみなされる。 (消費税8%) 1. しかし、Aに 重大な過失があるため、Aは、取消しを主張することができません(民法95条3項)。 出題時の税率、計算式での報酬額なので、下記の算出方法だけ押さえておいてください。 限定価格とは、市場性を有する不動産について、法令等による社会的要請を背景とする鑑定評価目的の下で、正常価格の前提となる諸条件を満たさないことにより正常価格と同一の市場概念の下において形成されるであろう市場価値と乖離することとなる場合における不動産の経済価値を適正に表示する価格のことをいい、民事再生法に基づく鑑定評価目的の下で、早期売却を前提として求められる価格が例としてあげられる。 AがBに代理権を授与した後にBが後見開始の審判を受け、その後に本件契約が締結された場合、Bによる本件契約の締結は無権代理行為となる。 • 土地付中古住宅(代金300万円。

次の

【宅建過去問】(平成30年問01)意思表示

宅 建 平成 30 年 解説

なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。 機構は、高齢者の家庭に適した良好な居住性能及び居住環境を有する住宅とすることを主たる目的とする住宅の改良(高齢者が自ら居住する住宅について行うものに限る。 最年少合格者:16歳• この場合における宅建業法第41条又は第41条の2の規定に基づく手付金等の保全措置(以下この問において「保全措置」という。 建築物の高さ31m以下の部分にある全ての階には、非常用の進入口を設けなければならない。 A及びCは、Dが宅建業者である場合であっても、宅建業法第37条に基づき交付すべき書面において、甲住宅の構造耐力上主要な部分等の状況について当事者の双方が確認した事項があるときにその記載を省略することはできない。 消費税等相当額を含まない。 当該住宅が建築工事の完了後で、売買代金が3,000万円であった場合、売主は、買主から手付金200万円を受領した後、当該住宅を引き渡す前に中間金300万円を受領するためには、手付金200万円と合わせて保全措置を講じた後でなければ、その中間金を受領することができない。

次の