池袋 うなぎ。 ひつまぶし備長 池袋パルコ店

予約困難!一度は食べたい池袋のうなぎ専門店「かぶと」をご紹介

池袋 うなぎ

。 豆乳プリンですか?と問いたくなるようなクリーミーなお豆腐で、写真を撮るのも忘れ、気づいたときには、ひとかけしか残っていませんでした。 なにはともあれ、暑さが吹き飛ぶ最高の夜でした。 レストラン予約サイトOMAKASEからのネット予約のみで、現在は電話での予約受付はしていません。 しかも今回は、その過程をじっくりと見られるカウンター席です。 きっとこれまで体験したことがない、最高のうなぎを味わえるハズだ。 激ウマ。

次の

うなぎ山吹(池袋東口/和食)

池袋 うなぎ

全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• うふふ、この照りと焼き色。 まずは券売機で食券を購入します。 テイクアウトアプリ「menu」も対応しております。 鰻の蒲焼きは持ち帰りもできるというので、半分残してパック詰めにしてもらいました。 お出汁がきいたほっとするお味です。 お客さんの目の前で捌き、焼きたてを出すのがこだわりです。 それにつきます。

次の

【最高かよ】食べログ「うなぎ部門」第1位! 半年先まで予約が取れない池袋『かぶと』に行ってきた!!

池袋 うなぎ

ビビるほどウマかった。 ・大将は優しい人だった 最初は超ビビっていたものの、途中からは「えり焼きと おおかまはどう違うんですか?」「なんでうなぎの身ってこんなに膨らむんですか?」などと質問していた筆者。 サービス テイクアウト お子様連れ 子供可 可。 活きのいい鰻をくぐらせることで脂や旨みが溶け出して秘伝のタレとなっていくようです。 タレが染みこんでいるように見えますが、鰻の身を守るように、軽くまとっているだけなんですよ。 串焼き一通り(1人前7本セット)1250円• ・バリエーションの多さに驚愕 1品ごとに大将の解説を聞きながら「えり焼き」「ひれ」「きも焼き」「しっぽ」「バラ身」「おおかま」「レバ焼き」などを食べていく…… そしてそのどれもが絶品! 正直うなぎは、蒲焼き・白焼き・肝焼き・肝吸い くらいしか知らなかったが、うなぎ1匹でここまでバリエーションがあるとは驚きである。 軽い気持ちで「ヒレってどこの?」と聞きましたら、「今からお見せしましょう」と、まな板にうねる鰻を置き、目打ちを刺して、捌きながら、これが腹びれ、尾びれ、背びれとしゅ〜っと包丁を入れて説明してくれました。

次の

まんまる

池袋 うなぎ

お昼はランチ営業をされており、夜は居酒屋となります。 レストラン予約サイトOMAKASEでの「かぶと」の予約は、偶数月の第一木曜日に2か月後までの予約を申し込めるというシステムです。 特に「レバ焼き」は絶品で、牛や豚と同じレバの風味がありながら、少しの雑味もないピュアな味わい。 先代の店主は新宿うなぎ「カブト」で修行した岩井和雄さん。 レバ焼きも格別。 その他にもお昼からちょっと飲むのにもぴったりのおつまみや一品料理も用意されています。

次の

予約困難!一度は食べたい池袋のうなぎ専門店「かぶと」をご紹介

池袋 うなぎ

次にひれ焼きです。 通常捨てられる部位ですから」と。 写真は4人分。 そしていよいよ、白焼きです。 お時間指定も承っております。 ため、予約の際は、座席の希望を承っておりません。 今度、池袋に行く機会があったら買って帰りましょう。

次の

山吹 (やまぶき)

池袋 うなぎ

うなぎ部門第1位であることは先述した通りで、この点数は全飲食店の中でも トップ50入りしているハイアベレージだ。 元のタレをなめさせてもらいましたが、全然違いましたね。 店主は食材や料理の説明をしながらも、鰻を捌いて串を刺し、焼き場に移動して手際よく焼いていきます。 Contents• 聞くと「膨らまない魚なんて無いんだよ!」とのこと。 (2018年7月訪問) うなぎ「かぶと」 創業1948年のうなぎ専門店。 とにかく活きのいいのを捌いてすぐ焼く。 この鰻を食べる直前に捌いて焼き、すぐさま出してくれるわけです。

次の

まんまる

池袋 うなぎ

山吹 関連ランキング:うなぎ 池袋駅、東池袋駅、都電雑司ケ谷駅. 身も蓋もない。 山芋、きゅうり、なす、にんじん。 えり焼150円• 何かを取り出していると思ったら、心臓でした。 誘ってくれた知人に散々脅され、筆者はお店へと向かった。 2代目、藤森親方のうなぎ愛も半端ないです。 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• 真っ黒になるまでしっかり焼かれているせいか、骨もコリコリと食べられます。

次の

東京・池袋「かぶと」でうなぎの初回おまかせフルコース|グルメレポート

池袋 うなぎ

頭から尾まで部位によって味が違ってくるので縦に裂きます。 池袋 かぶとの店主について 先代の店主は、新宿うなぎ「カブト」で修行した岩井和雄さんです。 元気がよすぎて飛び出す奴もいましたよ。 関東では蒸してから焼くのが一般的ですが、このお店では地焼きにしています。 くどくないさらりとした脂で、淡泊な鰻本来の味します。 贅沢極まりない。 飲んで食べて4人で4万円弱でした。

次の