ワイ モバイル 料金 プラン。 ワイモバイル10月から新料金プランへ!評判・口コミまとめ

ワイモバイルの料金プランの変更方法|新プランを旧プランと比較

ワイ モバイル 料金 プラン

これまでのMNP転出手数料は契約してからの年数によって料金が変動するもので、現在のMNP転出手数料は下記になります。 項目 スマホプラン スマホベーシックプラン S 2GB+1GB 2GB+1GB M 6GB+3GB 6GB+3GB R - 10GB+3GB L 14GB+7GB 無し データ増量条件 データ増量キャンペーン適用で2年間適用 SとMプランでの基本的なデータ容量は新旧で変化はありません。 スマホベーシックプランは最大でも13GBと実に半分近いデータ容量となってしまいます。 これは、アプリやマイページから節約モードに切り替えると、 速度が低速に制限されるか わりにデータ容量が消費されない仕組みです。 しかし、Wi-Fiに接続せずスマホで頻繁にゲームをしたり、よく動画を視聴する方がスマホプランSを利用すると、すぐに通信速度制限がかかってしまう恐れがあるので、そういった方は一番安いスマホプランにこだわらず、自分にあったスマホプランを利用したほうがいいかと思います。 スマホは基本的にWi-Fiに接続して使用する方 上記の通り、ワイモバイルのスマホプランSは、高速データ通信容量 GB が「月々3GB」と、使用できるデータ容量が多いプランではありません。 WiFi環境下に居ないときにSNSや動画を見すぎると通信制限がかかる可能性もありますが、あまりスマホを利用しない方にはおすすめです。

次の

【一番安いプラン!ワイモバイルのスマホプランSを解説】通話料や2年目3年目に起きる変化についても紹介!

ワイ モバイル 料金 プラン

プラン名 スマホベーシックプランM 通常月額料金 3,680円 新規割適用時 2,980円 6ヶ月間 おうち割光セット適用時 2,480円 6ヶ月間 データ容量 12GB キャンペーン適用時 容量を気にせず動画などを見たい方 Youtubeや音楽ストリーミングサービスなどを利用するため、とにかく大容量のデータが必要!という方は 「スマホベーシックプランR」一択! 各種キャンペーン適用で、月々3,480円で17GBのデータを自由に使うことができます。 — 3㍉㌫ maxvs0910 ソフトバンクの新プランが話にならんので楽天モバイル継続しようと思ったけど何周か熟考して結局ワイモバイルにすることに。 それでは、以下より 10月 1日以降のワイモバイルでの変更点について分かりやすく解説をしていきます。 MVNOの中でも特にユーザー数が多い、とワイモバイルの料金を今回は比べてみます。 プラン見直しで新たなるワイモバイルへ 画像引用元: 電気通信事業法の改正に伴うワイモバイルの新料金プランの概要や注意点を、現行のプランとの比較も合わせて解説してきました。

次の

“ワイモバイル”、スマホ向け料金プラン「スマホベーシックプランM/R」を7月1日に改定

ワイ モバイル 料金 プラン

・「着信転送サービス」における転送先への通話は、ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。 mobile ワイモバイル とおもな競合他社である楽天モバイルとUQ mobileの3社を比較しましたが、 料金面では僅差ですが最安値でした! おもな競合他社である、楽天モバイルとUQ mobileの3社と個々の主力プランの一般的な適用条件を盛り込んだ内容で上記の比較表を作成しました。 mobileからお申し込みください。 スマホであまりネットを利用しない方• 5時間 約10時間(省電力設定ON時) ワイモバイル - ポケットWi-Fiの申し込み方法 ワイモバイルのポケットWi-Fiに申し込むには、次の3つの方法があります。 5GBを超えた場合は、月末までデータ通信の速度が128kbpsに制限される• 契約期間の縛り、契約解除料がなくなった• 新容量プラン「スマホベーシックプランS/M/R」の追加• ご家族での契約や複数端末を利用する方におすすめのプランとなっています。 あなたはどう感じましたか? ワイモバイル新料金プランの口コミ・評判 ワイモバイルが発表した10月からの新プランについて、どう思っているのでしょうか?• お申込み不要、 追加料金なしでご利用できますので、ぜひご活用ください。 スマホプランMの月額料金は「月額2,980円」• 現在6,500万曲が聴き放題のMusic Unlimited。

次の

【一番安いプラン!ワイモバイルのスマホプランSを解説】通話料や2年目3年目に起きる変化についても紹介!

ワイ モバイル 料金 プラン

7GBを超えると、月末までは最大通信速度が128Kbpsに制限されます。 今回ワイモバイルの料金改正に伴う新料金プランにおいても例外ではなく、現在利用しているユーザーはもちろん、これから利用しようと考えているユーザーも気になる情報といえます。 ですが、契約解除料が発生しないのは 10月 1日以降に申し込みができる「スマホベーシックプラン」のみです。 スマホプランMの高速データ通信容量は月々9GB 画像引用元: ワイモバイルのスマホプランMの高速データ通信容量 GB は、「月々9GB」となっています。 「3GB」あればスマホの用途として、 外出先で一般的なメールやSNS、もしくはネット閲覧のみという方には充分な容量と言えるでしょう。

次の

ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の概要!法改正による旧プランとの変更点について徹底解説!

ワイ モバイル 料金 プラン

スマホプランLはこんな人におすすめ! 【スマホプランLをおすすめする人】• スマホプランSはこんな人におすすめ! 【スマホプランSをおすすめする人】• キャンペーン期間中の今のうちに契約するのがおすすめです! ワイモバイルを解約する際の料金は? 最後に、などについてご説明します。 スマホプラン回線1つに対してタブレット回線1つが対象• つまり、 ワイモバイルのスマホプランMの通話料は、1回10分以内の国内通話であれば何度かけても無料となっています。 プランM・Rの場合、月額490円/枚でSIMを追加発行できます。 基本的には翌月の1日からプラン変更が適用となりますが、月末の21時以降で申し込んだ場合はその翌々月の1日からの適用となる場合があります。 こちらも契約期間なしのデータベーシックプランが選べます。 これは、スマホプランSも例外ではなく、 スマホプランSにも2年間という契約期間が設定されています。

次の

【9GB使える!ワイモバイルのスマホプランMを解説】2年後の月額料金・高速データ通信容量(GB)に注意!

ワイ モバイル 料金 プラン

2年契約は申し出がない限りは自動更新• バッテリー容量はいずれも3,000mAhですが、連続通信時間は803ZTの方が長くなります。 「おうち割 光セット」が適用されると、以下の金額に下がります。 ワイモバイルユーザーがベーシックプランを利用する際の注意点2つ いままでの「スマホプラン S/ M/ L」よりも若干の値上げとなった「スマホベーシックプラン」。 1回あたり10分を超える電話の場合は30秒に付き20円の通話料がかかります。 スマホプランS契約2年目に起きる変化 月額料金 2,980円 ワンキュッパ割 — 月々の利用料金 2,980円 高速データ通信容量 GB 2GB データ増量無料キャンペーン 1GB 使用可能な高速データ通信容量 GB 3GB スマホプランS契約2年目には、ワンキュッパ割の適用が終了となるので、スマホプランSの月額料金は「月額2,980円」となります。 データ利用量を見てみると、「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」では毎月2GB/6GB/14GBだった容量の区切りが、「スマホプラン」では毎月3GB/9GB/14GBになっています。

次の

ワイモバイルのポケットWi

ワイ モバイル 料金 プラン

月額料金の割引やデータ量の増額といった特典が受けられ、なにより元の基本料金にも大きな差があるからです。 しかし、ワイモバイルもUQ mobileも、ともにキャリアに劣らない通信速度で快適なネット環境が安く手に入ります。 契約から6ヶ月以内:6,000円• 具体的に現在のメインプランであるスマホプランの料金との比較を下記の表にまとめました。 データ容量が足りなくなったときに、自動的にデータ容量を追加購入してくれる 「オートチャージ 快適モード 」というオプションも用意されています。 — まっくす maxainsu 好意的な評判は、 2年縛りがなくなることが多かったです。 ワイモバイルのPocket WiFi契約種別 さんねん 契約期間が3年毎の契約種別(3年毎に自動更新) バリューセット 契約期間が3年間の契約種別。

次の

どんな料金プランがあるの?

ワイ モバイル 料金 プラン

ですが、 10月 1日以降は元々の基本料金を安くして各種割引サービスを撤廃したため、料金プランの内容がシンプルになり、毎月支払うスマホ代がイメージしやすくなりました。 最低利用期間も契約解除料も発生します。 スーパーだれとでも定額は 月額1,000円で、時間も回数も無制限で国内通話かけ放題となっています。 また、ややこしいですが、UQモバイルのプランRは10GB(1年間は12GB)です。 プラン名 スマホベーシックプランS 通常月額料金 2,680円 新規割適用時 1,980円 6ヶ月間 おうち割光セット適用時 1,480円 6ヶ月間 データ容量 4GB キャンペーン適用時 SNSをよく使う方 SNSなど、あまりデータ容量のかからないサービスを頻繁に利用する方は 「スマホベーシックプランM」を利用しましょう。 新料金プランへ移行後は新たに初めの6ヶ月間で月額700円割引となる「新規割」が適用されるようになります。

次の